手帳學とは

手帳學とは…

“ありのまま”の自分を知り

自己理解を深め

 

本物の志命(使命)=人生の目的を思い出し

 

自分だけの人生のビジョンストーリーを描き

 

最幸に自分らしく輝く生き方を実現するための
手帳を用いた学問です

 

 

「誰もが学び実践できる」ようにという思いを込めて
『手帳學』と名付けました

 

手帳は、スケジュール管理をするためだけのものではなく

自分らしさを発見し、人生をデザインすることができるツールです!

そのために、『手帳學』が大切にしているのは

目標達成ではなく「目的」を達成すること

 

人生における目的、それが『志命』です!

 

 

『手帳學』は​、他の誰でもない自分自身が

心から本当に自分らしく輝く生き方が、どんな生き方なのかを明確にし

最幸に自分らしく輝く生き方を実現するための学問です

 

 

手帳學の志命・ミッション

 

『手帳學』のミッションは

 

誰もがありのままの自分でいられる

『世界一のお帰りなさいの場所』を創り続けること

 

 

長期的な本当の『成幸』を体現している人たちが、まだまだ少ないこの世の中
 

情報社会、そして変化の激しい時代の中で、人生に迷い、自分の存在価値を見失っている人たちがたくさんいます

 

自分ではない何者かになろうとするのではなく、誰かから、社会から認められる自分だから価値があるのではなく

 
本来の自分の素晴らしさに気づき
自分の人生を諦めず
 
自分らしく生きる人を増やすこと

 

『誰もが自分らしく輝く世界』の輪を
どんどん拡げていくことが必要です

 

 

一人ひとりが“ありのままの自分”で
『自分らしく生きていく』

それこそが、社会貢献そのもの

 

 

 

『手帳學』のゴールは学ぶことではなく

『自分らしく生きる』ことが目的です!

 

 

家族のような、愛に溢れた環境である『手帳學』の場で

 

自分だけの人生の目的を思い出し

本来の自分らしさを育み

 

最幸に自分らしく輝く生き方へ!

 

 

自分自身の素晴らしさと価値に気づき

自分らしく人生を輝かせながら

一緒に、誰もが自分らしく輝く世界の輪を広げていきましょう!

 

 

誰もが、『最幸に自分らしく輝く』世界へ

 

 

 

  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加