GRIT~やりぬく力~

こんにちは、代表の重清です!

 

最近、ずっと読みたかった本をいただきました!

早速、楽しみながら読んでおります。ありがとうございます!

 

人って、才能があるかどうかで判断しがちですね。

しかし、大切なのは「やりぬく努力」です。

 

よく、こんな人がいますよね。

「頑張ります!」って張り切って宣言して

1回失敗したり断られたり、嫌なことがあると辞めてしまう人。

 

それこそ計画ばかり立てて、何もやらずにいる人とか…

 

「まずやれよ!」って思います。

 

この世の中にはやりもせずにすぐに辞めてしまう人が

なんとまぁ多いことか!

 

僕は営業やビジネスで失敗しまくってきました。

 

・テレアポで毎日500件断られる

・ヒッチハイクで1時間で30人に声をかける

・訪問営業で毎日300件ピンポン押して断られる

・街頭キャッチで毎日1000人に声をかける

 

仕事も何回も何十回も変えてきました。

 

そう振り返ると

どれだけ人に断られて来たか

そして、どれだけ悔しい思いをしてきたか…

 

でも、どうしてやり続けることが出来たのか。

 

それは

 

大きな目標があったから

 

に他なりません!

 

そして、その先には大きな目的があったからです。

 

もっと成長したい

もっともっと、理想の自分になりたい

もっともっともと最高の人生を送りたい

 

そして…その先の「何か」を手に入れたかった。

 

今はセミナーを全国各地でやらせていただいているのですが

その度に「話すの上手ですね!」「すごく才能ありますよね!」と

言っていただけることが多くなって来ました。

 

いやいや、全く才能なんてないですから!

 

今でも緊張しまくるし

話すの苦手だし

セミナー中も盛り上がってなかったら逃げたくなるし

 

でも、それでもやり続けるのは

大きな目標、そしてその先にある大きな目的のためです!

 

才能があるから

上手にできるからやるのではないのです!

 

例えば、現在偉業を成し遂げ続けているイチロー選手だって

最初は二軍スタートで、周りから批判されていました。

 

タモリさんだって、活躍し始めたのは実は30代になってからです。

 

大人気の俳優であり、映画評論家として活躍中の斎藤工さんも

下積み期間がなんと10年以上もあったそうです!

 

世界的には2度事業に大失敗。26歳で恋人を亡くし、精神病にかかり

その後政治活動を行うものの、計7回の落選を経験して

ついに合衆国大統領になったのは60歳の時。

 

その名は、アメリカ合衆国の第16代大統領エイブラハム・リンカーン。

彼は、1862年に奴隷解放宣言を発令し、歴代で最も愛される合衆国大統領になりました。

 

…などなど、遅咲きの人は非常に多いです。

 

というか、早くに成功をしたような人でも

実は下積み時代があるということです。

 

一般的に有名になる時は

メディアなどで一瞬にして有名人になったりするので

一夜にして大成功したように取り上げられますが

本当はみんな当たり前のように努力しています。

 

大きな結果を出す一流の人は

当たり前のように努力をしています。

しかも、本人は努力と思うこともなく。

 

そして、辛いことやうまく行かないことがあっても

1日が終わるとまたリセットしてスタートを切る。

 

才能やセンスや今の状態なんて、関係ないです!

 

今、やりたいと思ってることは何でしょうか?

つい、空き時間や休みの日にやってることって何でしょうか?

 

本当に好きで、稼げようか稼げまいがやってしまうようなことって何でしょうか?

 

人生は一度きりです!

最高に自分らしい人生は、あなたにしか作ることはできないのです。

 

Information

 

自分らしく生きられるようになる手帳の活用法を教えます!

日々の充実度120up!手帳活用セミナーは こちら へ!

 

「なぜあなたの人生は上手く行かなかったのか?」

本当に自分らしく生きられるようになる手帳學入門講座は こちら へ!

 

 

 

一日10分で人生を圧倒的に変える世界のトップ1%は知っている人生の輝かせ方自分らしく生きる手帳學メールアカデミー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事